FC2ブログ

Entries

試合結果

6/1 TTT
ぐちゃぐちゃな文ですいません。

とにかく緊張した。
特に前々日の練習で調子が悪かったので、嫌なイメージでの当日だった。

前日から水をひたすらに飲み、当日はカフェイン体重×3mg、ポカリ1L、水1L
最強のマックオフオイル、日東5000の両面テープ、鼻広げるやつ、ボトルにマグオン2。ホビーレーサー顔負けのまんじしの準備。

アップは軽く長めに30分くらいと、30sL5を5回程度。カフェインのおかげか心拍はすぐに上がった。
スタートはギリギリになってしまったけど、準備は万端だった。

こうけつと石井は最初から突っ込むだろうなと思っていたので、自分は抑えめに。
と思っていたらまさかの小原パンク。迷いながらダラダラと進み、待つこと3分半。

パンク発生時、石井とこうけつに待つかどうか聞かれたんだけど、即答出来なかった。
認知後数秒で色々考えて待つって自分の中では決まってた。そして自分が決断しなきゃいけない立場なのに、小原が全然来なかったらどうしようとか、怖かったのが正直なところ。

本当はすぐ止まって待ってみんなでスタートするべきである。優柔不断ださいね。反省。

と一悶着あり、再スタート。
こうけつが長くひく。調子良さそう。後から聞いたけど、合流して辛いだろう小原のためにちょっと無理してたらしい。らしくない笑
石井もかなりひけてた。最初の練習からは想像できないくらい強い。
ディスクを失った小原も頑張る頑張る。
自分は(後ろでもちょっとキツかったのは内緒)、理性を保てる1分半を目安に、ペースを保ちつつ後ろが楽できるだろうテンポを心がけた。

平らでまっすぐなように見えて、小さなカーブやアップダウンがかなりあり、風向きも変わりがちなのでちょっとしたところで車間があきやすいと感じだ。
自分が最後尾のとき以外は、そういうところで後ろが消費しないことだけを考えていた。
最初の折り返しで水を一口。向かい風復路もまぁそこそこいい感じで進んだ。

悲劇は突然に。
一周終了の折り返し直後、こうけつが落車で居なくなってしまった。
正直かなり痛かった。精神的に。
少しセーブしていたといっても、もう一人分ひく余裕はない。もちろんだけど2人もかなり脚をつかっている。

二周目は精神的に追い詰められていた。

石井が長くひいてくれている。
とにかくここからは自分が頑張らなければと思い、後ろにつける限界までひいて、千切れそうになりながら回復した。(といっても大してひけてない)
先頭でもフラフラしてしまった。(気づいたらシクロクロスしてた) 2人は走りづらかったことだろう。でも少しでも長くひいてあげたかったので、速度が落ちる限界までひいといた。

最後の折り返しから残り15km向かい風。

石井が本当に頑張る。小原は死にそう。
自分はペースはめちゃくちゃ、蛇行しまくりだった気がする。ワットとスピードしか頭に入りませんでした。まぁなんとか形になった。

そして石井に小原って言ったり小原に石井って言ったりしてたみたいです。小原ごめんなさいw

石井が頑張って、小原も頑張ってゴール。開放感。
もう一生やりたくないなって感じだ。

感想: #脱水は怖い #弱くてごめんなさい #四年生の6月1日
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keiobrt.blog.fc2.com/tb.php/16946-81aae4dc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR