FC2ブログ

Entries

試合結果

山形村ヒルクライム
クラス3 17位 1時間25分56秒
3年ぶり?の山形村ヒルクライム。大統領と故・小島選手と極寒の中野宿したのも今は良い思い出。当時はちょっと登れるくらいじゃヒルクライムレースじゃ勝てないと言うことを痛感させられたレースであったが、直前のコンディション調整でまで同じ轍を踏みたくは無かったのできちんと前泊で挑んだ。民宿かねもと、おすすめである。来年山形村が開催されるかは微妙らしいが後輩達には参考にしてもらいたい。
そもそも勝算があったかと言うと、否である。部内ですら登りでトップになれない今の私が挑んだところで完走が良いところだなと言うのが試合前の正直な予想であった。しかもインカレ終わってからレポートやらラボ畜やらで全然練習できてなかったのでコンディションも底辺であった。ケッパ+前泊+カフェインの卍でワンチャン入賞かなと淡い希望を抱いて準備だけはしっかりした。人間は失敗から学ぶ生き物である。自転車は7.0kgポッキリくらいまで軽量化、ギアは11-28の卍仕様。11-30も考えたがどっちみち30で回してるようじゃ勝てないのでやめた。小林くんはもう少し自転車を自分で弄れるようになりましょう。
整備して風呂入って就寝は11時過ぎ、起床は5時半、もう少し早く寝れればベストだったが6時間は稼げたので良しとする。起きたらすぐに朝飯、買っておいたパン、和菓子その他計1000キロカロリー分をコーラで流し込む。ちなみに僕の体重は57kgなので必要なカフェイン量は280mgくらい。コーラはカフェイン力で言うとクソザコなのでコーヒーをすすりながら準備をする。カフェインはちゃんと量を取れれば5時間くらい持ちますがコーヒーとか飲みすぎるとトイレ地獄なので、合法ドーピングをちゃんとしたい人は液体じゃなく錠剤タイプのカフェインを服用しましょう。
6時半前には会場について設営、アップ開始。今思えばこれでも足りなかった気がする。思ったよりゼッケンやら検車やらで時間を取られて3分走をもう一本やる余裕がなかった。参加校の中では2番目に早い現地入りだったがもう少し早く移動すると良いかもしれない。
パレード走行(280w)でスタート地点へ。もうヘロヘロ。これが1本目にしてほしい。精一杯沢山深呼吸してから、クラス1の音楽を聴いてスタート。先頭が飛んでくことは織り込み済みだったのでなんとか食らいつく。しかしここでまさかの先頭アクアタマがバックタマ、一気にペース崩れて追い込み損に。ヘラヘラしながらビュンビュン走る京大に抜かれてヒーヒー言いながら足切りポイントまで走った時点で先頭から2分半遅れ。ここで僕の山形村は終了でありました。明らかなベース不足。わかってはいたけどもう1.2枚踏める力がないとここからの急勾配で付いて行けるわけが無いのです。
その後は切り替えて小林、三宅の完走、石井、宮本の入賞のフォローをすべく出来るだけ周りを見ながら走ることにした。2本目は小林が辛そうだったのでそこらへんにフヨフヨしてた各校を引き連れて250w固定で上までペーシング、2分遅れで足切りポイントまで先導。皆を見送ってからは急勾配区間で膝に来ないように様子を見ながらゆっくり登った。3本目は逆転を狙った信州勢や京大勢によってペースがめちゃくちゃに、石井宮本が明らかに辛そうだったので声をかけつつ前に入る。出来るだけ前の集団まで連れてって行ってあげたかったが力不足。申し訳ない。途中まで引いて声をかけながら離脱した。2分半遅れくらい。石井強いぞ!次こそ昇格だ。
で、最後の急勾配は出し切ろうと踏み込んだ瞬間悲劇が、左のクリートが割れ足がポーン。落車しそうになるのをなんとか堪え、斜度が緩くなるまで自転車を押して歩く羽目に。フルームの気分。その後は引き足使えないので明らかに地獄。ヒーヒー言いながら踏み切ってゴール。そこまで削れてた訳ではないがクリートは突然割れるので皆も気をつけよう。
山形村は完全な実力ゲーなので、自業自得で負けた感じ。明らかにパワーが足りて無かった。今回は結構卍で準備したので言い訳も出来ない。出直します。これから鶴岡でラボ畜だが二週間後には袋井クリテである。固定ローラーは送ったので切り替えて、気合い入れて田畑さんと仲良くするつもりである。睡眠時間確保できるかなぁ。
最後にアドバイスを残すとすると、とにかく登りは自分のペースで!と言うことである。これは楽にチンタラ登れと言う訳ではなく、先頭で楽に走れるくらいのベースを作れという意味である。山形村は足切りポイントの急勾配区間までに足を残しておく必要がある。そこまででヒーヒー言ってるようだと、斜度が上がったらライバルに着いていけない。今回体重4.5倍ペースで登って先頭から2分遅れだったことを考えると、標高によるパフォーマンスダウンを考慮しても20分体重5倍は最低でもキープ出来る様にしないと勝ち目ナッシングである。書いてて辛くなってきたが、去年の今頃に比べれば億倍マシなので頑張っていこう。
石井宮本はもちろん、三宅も小林もよく頑張ってました。お疲れ様です。京大のマネージャーは可愛くて運転ができて上位陣のタイムも把握しててアドバイスも的確だった上にこっちまで応援してくれた。すごい。けいはんな組は頑張ってください!
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keiobrt.blog.fc2.com/tb.php/16386-34645867

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR