FC2ブログ

Entries

試合結果

白馬クリテリウム2日ともDNF

保険はかけまくっても言い訳はしないをモットーに自転車に乗っているが今回は流石に試験期間。
もちろん、試験期間が悪いのではなく、勉強しながら自転車に乗れない自分の豆みたいなキャパシティが悪いのだ。

脚はお察しだったが、久しぶりのクリテで成長が見られる部分も多々あった。
1つ目は試合中に落ち着くことができたこと。
今までは緊張して上がりまくって訳もわからずちぎれていつのまにか辛くなって降ろされてDNFを繰り返していたが、そんなに気分がhighになることもなく、全体の中で自分がどのくらいのところにいるのか・自分の位置どりはいいのか・どこで上がれるのかなどを考えて走ることができた。まあ言っても始めの2周くらいだけだけど。
2つ目は脚の疲労を考えた走りが今までで一番出来たこと。春合宿初日を彷彿させる本当にやばい脚で、アップのメニューすらこなせなかった時はマジで絶望したが、そのおかげで本当に脚を使ってはいけないんだという自覚を強く持ち試合に臨めた。意識は本当に大切。立ち上がりを踏みすぎないと意識するのとしないのとでは全然違うように思えた。しかし結果は踏みすぎなくても脚が勝手になくなってしまった。
そして1番の収穫はクリテの恐怖がなくなっていたこと。
今回は曲がりが厳しいので曲がるたびにそれなりに減速していたのもあったかもしれないが、コーナーは全然怖くなかったし、集団走行も全然平気だった。これは今後につながるぞ。

こういった収穫もあって、クラス2の速さより自分の脚がいつもどおりだったらもうちょいマシだったな。なんていう思いが強く、纐纈や三宅さんから、「それ以上はもう恥ずかしいからやめとけ」とでも言いたそうな視線を浴びながら、クラス2もそこまで速いとは思わなかったなんて言ってしまったが、これは結構事実。頑張れば完走も夢じゃないぞ。

もちろん課題まみれ。入りたいところに入れたこともあったが、位置どりはまだまだ初心者に毛が生えないレベル。コーナーをいつも一人でインを突いて曲がってたのも、集団内でいい位置どりが出来ず、色々動いた結果、集団からほっぽり出されたのが原因だと思われる。
脚だって、元の実力だったとしても今のままじゃ完走なんて夢のまた夢。

曲がれないし下れないしでモチベはトラックに傾きかけていたがロードも頑張らなくちゃな。いつかCAAD12でカーボンフレームを蹂躙できたらいいな。

P.Sチャリ部の試合結果ブログ書いてたら自分の文体が少しポジティブ志向になった。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keiobrt.blog.fc2.com/tb.php/16298-fa91bc8c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR