FC2ブログ

Entries

試合結果

このように普通に投稿できるのですが、何故か個人ロードの試合結果だけ、投稿するとエラーになります。

(追記)何故か上に3行追加した途端投稿できるようになりました。

6月10日
試走×3
短い登りは大丈夫だろうが、やっぱり後半の平坦が自分にとってはきついイメージだった。
平坦が1列棒状に続くような展開が最初に2周回以上続くと無理な気がした。

6月11日
個人ロード 6/15DNF
いつもより順調に位置が上がり、気づくと真ん中、横で大落車であった。
ちょうど真横だったので下りの惰性はなくなったものの、自分が最後尾だと思いこれ以上ないくらい踏んだ。
登り下りをあわせて、今までのピークパワーの105%くらいで登り、大通りに入る前に奇跡的に追いつく。ただ、平坦が伸び始めてきたところで限界、前方とは微妙に距離が開き、両脚をつってしまい追いつけなかった。
小野一希の追走には全くつける気がせず、逸見と同じ集団で走った。4周くらい両脚のつりを誤魔化しながら走ったが、もうペダルすら回せなくなり、千切れた。後1周走れば緩んだ集団に追いついていたようだったが、千切れた時の脚ではどうしようもなかったので、あまり後悔はない。
横がいなくなった際に、大人しく後ろから来た集団を待てばよかったとも今になれば思ったが、まさか千切れても追いつく展開だとは思っていなかったので、自分の判断は間違ってなかったと思いたい。

来週のVo2検査を境に、自分の中では復帰してちょうど半分、前半戦が終わったことになる。
今日も結果は残せなかったが、日々の練習でもパワーデータだけをみれば、昨年の夏と同じくらい、までは戻ってきた。
昨年の反省にも書いた気がするが、まだまだスピード力と有酸素運動能力が特に大きく欠如している。
今日までの3ヶ月は「現状復帰」が最低限のハードルだったので、昨年までと同じような練習をしておけば達成可能であったが、ここからはもう一つ高いレベルや新しい方法で練習に取り組む必要があることは重々分かっているつもりではある。
小野や畑など今年1年で2つや3つレベルをあげた選手や、荒川や伊藤潤など元から自分より2つくらいレベルの高い選手がチームにはいるので、まずはその人たちに乗っかり、ゆくゆくは越えていけるようにするのが後半戦の目標です。

サポートしてくれた蔭山石山ありがとうございました。
そろそろサポートされるに値するような試合がしたいです。

距離?km(後で書きます)
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://keiobrt.blog.fc2.com/tb.php/14878-409d48f9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR