FC2ブログ

Entries

練習報告

4月18日 ランニング5km雨上がりに走った。マンホールなどで足を滑らせないように丁寧に走った。4月19日 都内某所×5 75kmずっと全力は厳しかったので、次の周が始まってUターンするまでは流した。その他の区間はレース走だと思って走った。4月21日 G×8 70kmGは最初のストレートの後のカーブでいかに垂れないかでタイムがとても変わってくる。後半はいつも通りだいぶ垂れてきてしまった。4月22日 小山田大×3 90km久しぶりに大外周を...

練習報告

4月11日 大垂水峠表×3 125km一本目が8分23秒、2本目が8分3秒、3本目が10分20秒だった。3本目はダンシングのフォームを気にしながら登った。4月12日 都内某所×5 75kmdhを付けて走ればよかったと後悔している。人がとても少なかったので気持ちよく走れた。4月14日 タマサイ 55km往路はものすごい向かい風だった。帰りは風に乗りながら帰宅した。4月15日 タマサイ 55km右からの横風がすごかった。風を少しでも受けないようにエアロな...

練習報告

4月6日 タマサイ 40kmタマサイを走り出してからすぐに変速ワイヤーが切れてしまった。一番重いギアでゆっくり帰宅した。4月7日 タマサイ G×8 (70km)Gでは最初のまっすぐが終わってカーブに入るときに、しっかりと踏み直すことを意識した。4月8日 家の近くの坂×6 17km500mぐらいの坂を登った。1分ぐらいの短い時間に全力を出す練習は久々だった。たまにはこういう練習も良いと思う。4月9日 タマサイ G×1 70kmGが全力で一本だったら1...

練習報告

4月2日 小山田×5 90km坂の区間で常に全力を出した。また、辛くなってきても体がぶれないようにすることを意識した。4月3日 タマサイ G×4 70kmGは全て全力を出して登ったが、一回も2分を切ることができなかった。次回登る時は2分切りを目標にします。4月4日 宮ヶ瀬×2 140km2周目の後半は垂れてしまった。また2周目の平坦区間で頬に虫が思いっきり強打した。とても痛かった。...

練習報告

3月30日 36km ランニング5km遠い場所に走りに行くべきだった。あまり目的を持たずに自宅近郊を走ってしまった。反省しなければならない。午後はランニングと体幹を行った。3月31日 タマサイ 70kmなかなかいいペースで走ることができた。ハムストリングを使ったペダリングを意識した。4月1日ランニングと体幹をおこなった。ランニングは足を滑らせないように慎重に走った。...

練習報告

3月23日 小山田大×3 スプリント練習×4 (95km)坂でのアタックに全く対応ができなかった。ちぎられないように気力でついていきたい。3月25日 タマサイ G×2 (62km)DHバーをつけてタマサイを走った。花見などをしている人が多く、全然スピードが出せなかった。Gは最初から全力を出しすぎて腰が痛くなったので2本だけにした。3月26日 (160km) 和田峠22m58s 大垂水表×1 8m58s まさかの石井さんと二人だけの練習だった。和田峠は初めて...

練習報告

3月21日 小山田×4 82km一人で小山田を走った。前に走っていたグループをインディケーターにしたのでいいペースで走れた。また、辛くなると体がぶれてしまうことがあるので、体をブラさずに走ることを意識した。3月22日 宮ヶ瀬×2 135km下りの区間の時に追い風だったので気持ちよく走れた。2周目は一人ではあったがレース走をおこなった。最初の登りで全力を出しすぎてしまい、後半は少し垂れてしまった。...

練習報告

3月19日 館山tt練習3往復 42分35秒まず初めに、前回の二往復のタイムが23分56秒になっていましたが、27分56秒の間違いです。自分はそんなに早くはありません。42分で走ることを目標にして出走した。横風が強かったので、往路も復路も向かい風を走っているかのように辛かった。1往復目はよいペースで走れていたが、2往復目に脚が辛くなって垂れてしまった(14分30秒ぐらい)。3往復目は気持ちを切り替えて頑張ることができた。...

練習報告

3月18日 三増×4 160km長い時間の登りは久々だったので、とても脚が辛かった。下りの際に集団から離されてしまうことがあったので、車間が極力開かないように気をつけたい。もちろん安全が第一優先だが。平坦は前の人が速いスピードで引いてくれたので、よいペースで走れた。...

練習報告

3月17日 TT練習 67km2往復 23分56秒1往復 13分48秒前回と違って、往路が追い風で、復路が向かい風だった。2往復の方は往路が追い風ということもあり、前回よりも気持ち突っ込み気味で入った。復路の時に若干垂れてしまったが、ほとんど一定のペースで走ることができた。また、ラストスパートは辛すぎたということもあり、ものすごい踏んでしまった。綺麗なペダリングを常に意識していかなければならない。2本目の1往復は疲れていて...

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR