Latest Entries

練習報告

4月24日 鮫洲試験場→日吉→家 49㎞
鮫洲にて免許更新。その後日吉へ行って授業を受けウエイト。ベンチ、スクワット共にアップ入れて10回4セット。
右のクリートがパカパカするので変える。

計 1277㎞

練習報告

4/24 ローラー

10m×2・HIIT

10mは良くもないけど悪くもないレベル。6連勤目で単純に脚が疲れてる様な印象を受けた。

気付けば今シーズン初の選手権大会まで2週間を切っていたのでレース的な負荷を掛けるべく原点回帰。

1本目で乳酸MAXになり後は耐えるだけ。無事死亡。ワットバイクでやればもっと追い込めるのだろう。やりたい。

今週も良く頑張りました。

30km

953km

試合結果

2017/4/22 (土)
JBCF東日本ロードクラシック Day-1 5周(30km) 2位

2017/4/23 (日)
JBCF東日本ロードクラシック Day-2 4周(24km) 優勝

1日目の反省を生かして2日目走れるのが2daysの良いところ。しっかり修正して2日目は焦ることなく、勝負どころまで脚を溜めて、思い切って勝負できたのが勝ちに繋がったと思う。ずっと勝ちきれないレースが続いていたので、とりあえず1つ壁を越えられて良かった。

フィッツの皆さん、2日間ありがとうございました。

練習報告

4/24 都内サイクリング

久々のロード実走でフォームとペダリングを確認しながら荒川を30kmほど。
帰りは中山道をびゅーんと。

固定ローラーとTTバイクに比べて圧倒的に踏みやすい、回しやすい、垂れない。

帰って体重を測ったら62.5kg、練習前はおそらく63kgほど。その割には踏めた。

時間があって晴れてる日は実走したい。

60km。

890km。

練習報告

2017/04/24

17~21日 160km
21日 バンク練 25km?
22日 50km+30㎞

全然練習していない。朝練だけでは距離が稼げないので、それ以外をやり始めたのは成長。
ただ、全然距離を稼げないワットバイクは使用をやめる方針になり始めてるから、全然環境を生かせていない。

土曜の青根はDNS。代わりにGranDiverにてローラーをさせてもらった。
初めて負荷付き3本ローラーに挑戦したが、普通に固定ローラー並に踏まされた。
体感では、大垂水くらいなら余裕で再現できるくらい踏める。
どちらにせよ、負荷付き3本ローラーでも距離を稼げないことは明白なので、今月はもう出現することはないだろう。

バンク練は、土田のためにスタンとハロンを何本か走った。インカレチャンピオンリスペクトで、自分で全力で下した後、土田のおろしに付いて行くなどした。170mmクランクは良い。ただ、自分が遅い。

練習報告

4/24 35km

ローラー70m
アップ
5m全力
15m×2
ダウン

前回のリベンジ。
5mのアベレージが急に20w向上して、⁇だったがよく考えれば前回はロング&バンクの翌日だった。

15mもしっかり追い込み、日吉朝練時の感覚が戻ってきた。固定なのでやや気持ち悪さはあるが。

計795km

練習報告

4月22日
青根
熊谷、加田、土田と。私以外は初見なので、迷子にならないようちょくちょく止まりながら。
牧馬で熊谷に先行されてしまった他はそこそこだった。
加田、土田は速かった。自分の3年前は彼らの3分の1の速度だったことを鑑みると、今後が楽しみである。土田は登り方がかつての小松を彷彿とさせるので、ヤバそうだが。


帰りは死にそうらしい加田を殺すべくびゅーんで帰った。中々渋とい上、ホビーライダー×2がついてきた。結果的に彼らを殺めるには信号の立ち上がりが必要になり、田中橋までの長期戦となった。

140㌔

4月24日
ローラー10分×2
相変わらず、1ケイデンスごとに自転車が止まる感覚に死にそうになった。
GT-Rollerマスター曰く、一つ壁を超える必要がある、らしいがちっとも超えない。

25㌔

頭が悪いので足し算が出来ず、総計は数えられそうにない。

練習報告

4/23
ローラー 40min

10min (111rpm 36-16)

10min (115rpm 36-16)

練習報告

4/23 ローラー

10m×3

3本目で脚が動かなくなり5m経過した所でギアを1枚落とした。屈辱的であったが追い込めたのでナイス判断であった。

最近色々と限界ギリギリであったが高校のクラスメイトとバカ騒ぎして少し楽になった。更に大前君がプロ相手に互角の戦いを見せてくれてモチベアップに繋がった。取り敢えず個人ロードまで頑張ってみよう。

30km

923km

練習報告

2017/4/22 小山田

外で強度高めの練習をしようとおみくんと小山田へ。
しかし途中でおみ君のスポークが吹き飛び一人で走ることに。
毎坂上げるよう意識しながら一人で3周走り帰宅。


350km

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR