FC2ブログ

Latest Entries

練習報告

https://sugioka.hatenablog.com/entry/2019/06/25/220518

練習報告

G8
結論から申し上げますと日曜に勝ち取ったconfidenceは2日持たずして塵芥と化した。
前日のご飯が良くなかったのか胃がキュルキュルしっぱなし。練習はしょっぱなから異常にキツく、ハンドルにしがみつく悪い癖が出てしまった。死にそうな状態になって気づいたのだが、Gでくるくる回せていたと思っていたが気を抜くとすぐに踏んでしまい、また踏むポイントもずれているので無駄足を使っていたらしい。実は今120回転を維持することが出来ず、やはりペダリングという点に戻ってきている。体幹は割とついてきて、あとは普通に脚の筋力、短時間で出し切るキャパの増大が課題だと思っているが実際どうなのだろうか?迷走しはじめたかもしれない。

練習報告

V×8
基本的にマイペースで登ったが、少し築といちゃいちゃするなどして追い込めた。
無理だろってペースで突っ込んで気合いでなんとかする走法を久しぶりに行え、感無量。
Ps.マロニーとアイロニーの関係とはいかに

練習報告

6/25火曜
こけて膝がえぐれて、ランできない

練習報告

6月25日 g8
前日のローラーで声を出しながら追い込んでいたのもあり家を出てひとこぎで脚が重いのが分かった。今日は理性を保ちつつ突っ込む日。1.2本目と1分50秒ペースで突っ込んで案の定3本目に垂れ、4本目に持ち直した。5〜7本目は原とかと競ったりしてペースを落とすことなく追い込めた。7本目の野嵜のアタックは成長が感じられて嬉しくなった。ダンシングはやはり足を使いますね。8本目は言わずもがな。

「主」現る

朝 長尾6

 どうも昔から左脚ハムストが張りやすい体質。今日は起きて30分程度で乗り始めたのでので特に左脚のコンディションが良くない。左右別人の脚のよう。だがメニューに入ると上手く動いたし、出力もまあまあ。ケア。

 それは3本目の事であった。颯爽と私の横を駆けてゆく自転車あり。風貌は30代程度の絞り切った軽量級、脚にはあみだくじのような血管の筋。おそらく実業団のヒルクライムなどで上位に入るような選手なのであろう。
 彼は私の方をちらりとも見ずに大外から抜いていった。
「こやつ....」
ギアを上げてなんとか付いていくが、登り終わりの緩い下りで彼は踏みやめたりなどしなかった。いとも簡単にちぎられた。
「くそぅ...」

 そういえば先週もここで彼を見かけた気がする。彼は長尾の「主」だ。



午後 WB UP CX15min×2 DOWN

 打倒「主」の一念で、朝の疲れはあったがしっかり完遂。

練習報告

6/25 g1g4g1
集合場所にたどり着くまでにシートポストが下がっていたので直したのと、トイレ休憩2回したので遅れた。なので、みんなは4本目、自分は1本目の時があった。自分が合流した時にはみんな疲れていた。次の4本は石井さんにひたすら着き位置。4本の3本目は千切れてしまった。4本の後の1本は最後にもがいたら、後輪がズレてフレームに当たった。帰りもブレーキシューがリムに当たったりした。自転車の調子が良くない。

練習報告&Vo2測定

6/25
G7 (391w,418w,419w,計測忘れ,375w,380w,350w)
17km TSS 85

パンクで遅れました。
まぁワットが示す通りに追い込みました。

Vo2 62.7 → 57.0
watt 369w → 386w
体脂肪率 14% → 18%

体感的には弱くなった気はしないが、小野さんたちがいない今、相対的に強く感じていただけなのかもしれない(Gのワットもタイムも伸びているが)。G芸人になってしまったのだろうか。Vo2がここまで落ちているのは意外。萎え。体脂肪率増加している実感はないがしているらしい。LT値も向上せず。どこまでも萎え。
タマサイLT値で出来るだけ長く走ろ。

こんな自分に普段GR負けている人は危機感を持ちましょう。自分も危機感持って頑張ります(食生活そんなに悪いかなー)

932km

練習報告

6月25日 G×8
各本数によってペースが一定でない。垂れる時は最後の看板のあたりから遅くなるので、当たり前のことだが8本全部全力を出しきりたい。

練習報告

6/25

g4×2

前半はいい感じ。途中からきた石井さんのカチ上げについて行ったらキツくなり、後半は全然ダメだった。一回踏んでしまうとすぐへばってしまうので、これからは着いていきつつも余裕を残しながら走れるようにしたい。

帰ってからウエイト(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)、プランク。ベンチプレスは杉岡に色々教えてもらったので、これから続けていきたい。まだホコリ程度の重さしか上げられないので、もっと重くしながらもフォームを崩さずに出来るようにしたい。

Appendix

プロフィール

keiobrt

Author:keiobrt
慶應義塾體育會自転車競技部の練習日記です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR